考え方

ドライフラワーのプレゼントはだめ?失礼?どんな意味があるのか解説!

ドライフラワーのプレゼントはだめ?失礼?

 

それはプレゼントを贈る相手によって変わります。

ドライフラワーに対する考え方などが、貰った人によって千差万別だからです。

 

結婚祝いや誕生祝いなどで、素敵なドライフラワーを贈ったとしても、その持っている意味や印象を考えていなければ、贈る相手によっては失礼になってしまったり、喜んでくれなかったりしてしまいます。

 

ドライフラワーが持っているその意味やその印象、どんな人がドライフラワーを好むのかを理解することで、相手に喜んでもらえるプレゼント選びができるようになるんです。

 

それでは、プレゼントとしてのドライフラワーについて紹介していきましょう。

 

お祝いにドライフラワーのプレゼントはだめ!?その理由とは!

お祝いにドライフラワーのプレゼントはだめ!とは限りません

それは、ドライフラワーの持つ意味や印象が、プレゼントされた人によって千差万別で違うからです。

 

最近は、節目のお祝いや歓送迎の贈り物、結婚・誕生日祝いなどでドライフラワーを贈る人も増えています。

ですが、ドライフラワーの持つ意味や印象まで考えている人はそれほど多くないでしょう。

 

ドライフラワーは生花と違い、長期保存が効くように乾燥させてあるので、綺麗な状態をずっと保つことができます。

ですが、その乾燥させた状態をどのように捉えるのかは、洋の東西などによって違いがあり、考え方や意味合いがさまざまに分かれてくるので、贈る相手によっては失礼にあたる場合もあります。

 

ドライフラワーのプレゼントの意味とは?

ドライフラワーの持つ意味は、西洋と東洋でざっくりと分かれます。

日本では西洋的な文化も東洋的な文化もどちらも存在するので、ここからドライフラワーに対する考え方がさまざま出てくるのです。

 

では、西洋と東洋でどのように違うのかを紹介します。

 

西洋ではポジティブ

ヨーロッパやアメリカなどの西洋では、ドライフラワーには「永遠」や「」であったり、「感謝」という意味合いがあり、とてもポジティブな意味に捉えられています。

 

結婚式のブーケやクリスマスのリースなどがありますが、これは永遠や愛といった意味合いがとてもしっくりきますよね。

 

また、亡くなった方への「弔い」や「感謝」という意味を込めることもあるので、ドライフラワーがお墓に供えられることも多いのです。

 

東洋ではネガティブ

しかし日本などの東洋では、「死んでいる花」や「枯れている花」という印象が強く、結構ネガティブな捉え方をすることの方が多いです。

 

特に風水では、生花に「良い気」があって、ドライフラワーには「悪い気」があると考えられています。

 

風水に対する考え方にも千差万別あるので、一概にこの考え方が当てはまるわけではないのですが、西洋の考え方や印象とは全く逆になってしまうんですね。

 

ドライフラワーのプレゼントが嬉しい人・嬉しくない人は?

ドライフラワーに対する考え方などがさまざまなので、ドライフラワーをもらって嬉しい人と嬉しくない人が出てきます。

 

もし恋人にドライフラワーのプレゼントを考えているなら、相手が嬉しいのか嬉しくないのか気になりますよね。

 

では、それぞれどのような特徴があるか紹介いたします。

 

嬉しい人はどんなひと?

ドライフラワーのプレゼントが嬉しい人は、DIYが好きな人や、ナチュラルなインテリアやアンティークなインテリアで室内をおしゃれにしているような人が多いですね。

 

ドライフラワーは、ナチュラルな家具やアンティーク調のインテリアなどと相性が良いので、そういったものにこだわりのある人へのプレゼントとして、とても喜ばれます。

 

嬉しくない人は?

逆にドライフラワーのプレゼントが嬉しくない人は、年配の人風水などに気をつかっている人などが挙げられます。

 

やはり古くから根付いている印象というのは、簡単に拭い去ることは難しいですよね。

 

ですが、もちろん年配の方でもドライフラワーが好きな人もいるでしょうし、インテリア好きだからと言ってドライフラワーが好きとは限りません。

 

「風水も好きだけど、ドライフラワーも大好き!」っていう人もいるかもしれませんね。

 

要は、その人の考え方や生活環境、住空間などに合っていなければ、たとえ素敵なドライフラワーを贈ったとしても喜ばれません。

 

ドライフラワーのプレゼントを彼女に贈る際の注意点!

ドライフラワーのプレゼントを彼女に贈る際も注意が必要です。

 

ドライフラワーに対してネガティブな印象を持っている場合だったり、風水上の運気を気にしていたり。

 

そもそもインテリアなどにあまり興味のない人だと、ドライフラワー持て余してしまうかもしれません。

 

それとなく彼女に聞いて確認してみるのも一つの方法ですね。

 

まとめ

お祝いにドライフラワーを贈ることは、貰う人の考え方や生活環境、住環境などによって千差万別あり、ひとえに良いか悪いかを判断することはできません。

 

しかし、ドライフラワーの持っている意味などに対して、あまり細かく考えない人が最近は多いのも事実です。

 

一番肝心なのは、贈る相手が喜ぶかどうかなので、世間ではどのような印象なのかを調べることも大切ですが、贈る相手としっかりとコミュニケーションを取ることがより大切です。

 

相手のことを考えた贈り物選びの参考になれば幸いです。