店舗

コメダ珈琲は勉強可能?時間制限や禁止のお店もあるので注意!

ふかふかのソファにおいしいメニューがあるコメダ珈琲は、長い時間くつろぐのにぴったりですよね。

大きくて厚いテーブルは、資料を広げて勉強するのにも便利です。

 

でも、コメダ珈琲って勉強は可能なのでしょうか。

 

多くの店舗では勉強しても大丈夫ですが、店舗によって方針が違います。

これは、コメダ珈琲がフランチャイズ展開をしていて、それぞれの店舗のオーナーが運営方針を決めているからです。

時間制限や禁止しているところもあるので注意が必要です。

 

これから、コメダ珈琲の滞在時間制限や勉強禁止の店舗、滞在時間の目安について詳しく紹介していきます。

 

コメダ珈琲は勉強可能!滞在時間制限はある?

コメダ珈琲は、勉強することができる店舗もあります

実際、家の近所のコメダ珈琲では勉強をしている人がたくさんいます。

 

自宅では誘惑が多くて勉強に集中できないとか、家族の邪魔が入り勉強が進まないという人には最適な環境ですよね。

 

勉強以外にも、仕事や読書、スマホゲームをして過ごすお客さんもいて、他の喫茶店より滞在時間は長い印象です。

Wi-Fiを利用でき、コンセントを設置している席もあるので、PCやスマホを長時間利用できる仕組みになっています。

 

滞在時間の制限はある?

滞在時間制限はないですが、ランチタイムなどの混む時間帯には、お客さんの方が気を利かせて早めに切り上げています。

 

ただ、長時間滞在するときでも、1時間に1回くらいは注文をするようにした方がよいでしょう。

席に長時間滞在するお礼として、店舗の利益に貢献していれば、今後も気持ちよくお店に行くことができます。

 

滞在時間制限をしている店舗もありますので、その場合は店舗の方針に従って利用しましょう。

 

コメダ珈琲で勉強禁止の店舗もある?

コメダ珈琲では、勉強を禁止している店舗もあります

勉強禁止かどうかは、それぞれの店舗に問い合わせるしかありません。

 

勉強禁止のほか、時間制限や土日祝日は禁止としているところもあります。

 

コメダ珈琲は全国に展開しているチェーン店ですが、それぞれの店舗をその地域のオーナーが運営するフランチャイズ制をとっています。

つまり、その店舗の運営方針は、それぞれオーナーが決めているいうことですね。

オーナーが、勉強で長時間滞在されると店舗運営に関わると判断した場合、勉強禁止とすることもできるのです。

 

コメダ珈琲に限らず、勉強を禁止している喫茶店はありますよね。

勉強することにより席が長時間埋ってしまうこと、それに伴うトラブルを避けるためです。

 

勉強禁止の店舗が多い地域は?

都市部や人通りが多い所など、利用者の多い店舗では、長時間席を使われると影響が大きいため、禁止されているところが多いです。

張り紙に勉強禁止と書いて貼ってあるところもあります。

 

ただ、必ず張り紙をしてあるという訳ではないので、勉強ができるかどうかは直接店舗に問い合わせるか、店員に確認するのが確実です。

 

コメダ珈琲での勉強時間はどのくらいが目安?長居できる?

コメダ珈琲での勉強時間はどのくらいが目安でしょうか。

 

店が混雑していない限り、2~3時間は大丈夫でしょう。

というのも、モーニングとランチ、午後3時のティータイムといった利用客が多い時間を除き、続けて滞在できる時間を考えると2~3時間だからです。

 

また、土日祝日よりは平日の方が空いていて、長居ができます

しかし、日によっては混んでしまうこともあります。

 

利用を始める前に、店員に勉強で長時間滞在することを伝え、混んできたら退店するから教えてほしいと伝えておくと安心です。

 

まとめ

コメダ珈琲は、店舗によりますが勉強や仕事など長時間の滞在でも利用ができます。

Wi-Fiや席にコンセントを設置し、長い時間の滞在にも対応をしています。

 

しかし、勉強禁止や時間制限を設けているところもあるので、確認が必要です。

 

土日祝日よりは、平日の方が長時間滞在できます。

目安としては、混雑時間を避けて2~3時間ほどです。

 

ただ、コーヒー一杯で何時間も粘らず、店舗の利益も配慮し、1時間に1回くらいはメニューを注文しましょう。

せっかくの心地よい空間を居心地悪く過ごしてはもったいないですからね。