未分類

ヒートテックを寝るときに着てはダメ?やめた人の口コミやデメリットについて!

スポンサーリンク

ヒートテックは、ユニクロから発売されている高機能インナーで、冬場にお世話になることがとても多い製品です。

その発熱機能で体を温めてくれるので、冬場の就寝時に着る人も多いですよね。

 

ですが、ヒートテックを寝るときに着ていると、体の調子が悪くなったり風邪を引きやすくなることがあるんですよ

 

そこでこの記事では、ヒートテックを寝るときに着てはダメなのかや、やめた人の口コミやデメリットについて紹介いたします。

この記事を最後まで読むことで、ヒートテックを上手に活かすことができるようになりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

ヒートテックを寝るときに着てはダメ?

ヒートテックを寝るときに着るのは、あまりオススメではありません

その理由は次の通り。

  • 逆に寒くなる
  • 体温調整機能に影響が出る

 

逆に寒くなる

ヒートテックが暖かく感じる理由は、体から出る汗を利用して熱を生み出しているからです。

 

就寝中も人間はかなり汗をかいているので、最初はヒートテックも発熱します。

ですが、汗をこれ以上吸収できなくなると、ヒートテックは発熱しなくなるんです

 

機能をもとに戻すためには、一度ヒートテックを乾かさないといけませんが、寝ている間はそれができません。

つまり、寝ている間の汗を吸収できなくなり、発熱が止まった後は冷えていく一方なんですね。

 

最終的に寒くなってしまい、体が冷える原因になる可能性がとても高いんです。

 

体温調整機能に影響が出る

人間には、暑さや寒さに応じて体温を調節する機能が備わっています

ですが、ヒートテックを常に着ている状態だと寒さを感じることが少なくなってしまい、体温調整機能が衰えてしまう可能性があるんです。

 

寒いときにある程度寒さを感じるようにしないと、体には良くないんですよ。

 

スポンサーリンク

ヒートテックで風邪をひくことも

ヒートテックをよく着ていると、風邪をひきやすくなる場合があります

特に寝る際にヒートテックを着ていると、風邪をひいてしまう可能性が高くなります。

 

理由は、体が逆に冷えてしまうだけでなく、冷えすぎてしまうこともあるからです。

 

ヒートテックの発熱機能は、人体の発汗を利用しています。

ヒートテックを寝る際に着てしまうと、発汗が発熱を呼びその発熱がさらに発汗に繋がり、汗をかきすぎてしまうんです。

 

ヒートテックの繊維は、限界まで汗を吸収すると発熱が止まるので、終いには大量の汗をかいた状態で冷えてしまうことになるんです。

結果、風邪を引きやすくなってしまうんですね。

 

ヒートテックをやめた人の口コミ

ヒートテックをやめた人のTwitter上の口コミには、次のようなものがあります。

 

口コミの内容はこちら。

  • 寝るときに着ていたら、暑くて途中覚醒した
  • 汗をかきすぎる

 

大量に汗をかくということは、それだけ体内から水分が失われていると言うこと。

下手したら脱水を起こす可能性もあります

 

また、暑くて途中で起きてしまうこともあるので、しっかりと睡眠を取ることがむずかしくなってきます

睡眠は健康を維持するためには欠かせないものなので、寝るときのヒートテックは控えたほうが良いですね。

 

スポンサーリンク

ヒートテックのデメリットについて

ヒートテックには発汗による脱水や機能低下による冷え以外に、次のようなデメリットもあります。

  • 肌が乾燥する
  • 肌が荒れてしまう

 

肌が乾燥する

ヒートテックの繊維は汗を吸収しやすいものになっているので、汗以外の必要な水分も吸収してしまうことがあります

そうなると肌の乾燥が進んでしまうんです

 

アトピーを持っている人や肌の弱い人は、その乾燥にやられてしまう可能性が高くなります。

 

肌が荒れてしまう

必要以上の乾燥で肌が荒れてしまうときもありますが、逆に濡れた生地が長時間肌に触れていることで肌荒れを起こしてしまうこともあります

特に寝ているときにヒートテックを着ていると、生地の限界まで汗を吸収してしまう事があり、生地がビチョビチョの状態で肌に触れ続けることになります。

 

あせもや湿疹の原因になり肌が荒れてしまいます

 

まとめ

ヒートテックは、寝るときに着たり肌の弱い人が着るのはオススメではありません。

ですが、外出する際にインナーとして着る分にはそこまで問題ではありません。

 

無理してヒートテックを避けてしまい体調をくずすよりは、適度に着用してうまく活用しましょう。

 

この記事がそのための参考になれば幸いです。