雑学

太ももの太さの平均(身長別)とは!測り方や筋トレで変わる?

結構気になる太ももの太さ。

あなたの太ももは平均的でしょうか?

 

太ももには測り方があって、太ももの付け根の部分から3cm下のところを測りましょう。

そして何も履かずに行いましょう。

 

身長×0.3cmが理想の太さです。

 

それでは、身長別太さの平均や測り方、太ももを細くする筋トレなどおすすめのトレーニング方法もお知らせいたします。

 

太ももの太さの平均は身長別でどのくらい?

太ももの太さの平均を身長別で見ていきましょう。

太ももの理想の太さというのは「身長×0.3cm」になります。

 

145cmの身長だと「43.5cm」です。

150cmの身長では「45cm」、

155cmの身長では「46.5cm」、

160cmでは「48cm」、

165cmでは「49.5cm」になります。

 

以上のサイズよりも大きければ「太い」小さければ「細い」といえるでしょう。

 

太ももの太さの測り方とは?

太ももの測り方は、何も履いていない状態で足の付け根から3cm下の一番太い部分をメジャーで測ります。

 

かなりドキドキしますよね。

 

でも、決して細いからといって良いとは限らないのです。

 

足には黄金バランスというものがありますので、そのバランスが整っている足こそ美しいのです。

 

ちなみにその黄金バランスは『太もも:ふくらはぎ:足首=5:3:2』です。

 

太ももの太さは筋トレで変わる?痩せる・太るトレーニング方法!

太ももは男性に比べて女性の方が太くなりやすいです。

その理由は、子育てのため脂肪を貯めやすいという性質があるからです。

 

まずは、太い原因は何なのか、内腿の筋肉が弱いのか、筋肉がつき過ぎているのか、足のむくみなのか、骨盤の歪みなのか、その原因から合ったトレーニングを行うことで綺麗な太ももに変えていきましょう。

 

痩せるウオーキング

正しい歩き方で歩くウオーキングは、足やせに効果的です。

ペタペタと足裏全体を同時につけて歩くのではなく、かかとからつま先へ滑らかに運ぶ歩き方が推奨されます。

 

姿勢を正して真っ直ぐに歩くことも、重要なポイントです。

背中をピンと張って足の筋肉や動きを意識して行いましょう。

 

むくみとりマッサージ

足のむくみも足を太くしてしまう原因です。

しっかり足を温めたら、ゆっくりマッサージを行いましょう。

 

まずは足先からゆっくりほぐして、足の裏の窪みも揉んでほぐします。

そこから丁寧にふくらはぎへ移行しましょう。

両手の親指でしっかりマッサージしていきます。

そして太ももへ、両手をグーにしてグリグリと押し付けてマッサージすると気持ちいいです。

 

老廃物の溜まりやすい膝裏は念入りに。

親指でツボを押したりして、痛気持ちいい箇所をほぐしてあげるのが良いでしょう。

 

もも前を張るストレッチ

正座した状態から、体を後ろに倒して太ももの前を張るストレッチも効果的です。

 

ももの前の部分をしっかりと意識して伸ばさないと意味がありません。

力を抜かずに、ゆっくりグーっと伸ばしていきましょう。

 

しばらくもも前を意識して、張っている状態をキープすると良いでしょう。

 

ハムストリングストレッチ

ハムストリングとは、大腿屈筋群の総称で半腱様筋、半膜腰筋、大腿頭筋のことです。

太ももの筋肉のことですね。

 

このハムストリングは、疲れやすく固くなりやすい筋肉なので、ここをほぐしてあげることで太ももが細くなります。

足を伸ばして前屈や、開脚前屈も良いでしょう。

 

また、横になって足をまっすぐ上げて伸ばすのも良いですし、座った状態で片足づつ前に伸ばして上体を前屈してあげるストレッチも効果的です。

 

スクワットなどの筋トレ

筋トレは、基礎代謝を上げてくれる働きがあるので足痩せにも効果的です。

ただ、やりすぎると筋肉がつき過ぎて太くなってしまうので、注意が必要です。

 

内腿に効果がある筋トレや、インナーマッスルを鍛える筋トレであれば良い効果が得られるでしょう。

軽いスクワットでも十分効果は得られますよ。

 

日常生活でも取り入れよう

正しい姿勢で生活をすることや、普段の日常生活の中でストレッチを少し取り入れたり、筋トレの動きを軽く取り入れたりもできますよね。

日常生活に上手に取り入れて、美しい理想の太ももを手に入れましょう。

 

特に内腿に効くストレッチ筋トレお尻の筋肉を刺激してあげるのも良いです。

お尻は太ももに直結していますので、お尻を鍛えることで太ももが綺麗に見えてきますよ。

 

まとめ

あなたの太ももは細いですか、太いですか、それとも理想でしたか?

身長×0.3cmで算出してみてください。

 

太いなら、その原因というのは何でしょうか?

筋肉が弱いなら鍛えましょう。

浮腫んでいるならマッサージですね。

骨盤の歪みや筋肉のつき過ぎもあり得ます。

 

正しい姿勢で行うウオーキングであったり、むくみを解消するマッサージはとても効果が期待できます。

ストレッチも駆使して、これからの季節に向けて健康的で美しい美脚を目指してくださいね。