雑学

鼻の下の溝(人中)が深い方へ消す・浅くする方法を紹介!

お顔にコンプレックスはつきものですよね。

鼻の下が深いとお悩みの方は、マッサージやメイクのちょっとした工夫で、お悩みが解決できるかもしれません。

 

でもそもそも、鼻の下の溝って薄い方がいいの?

お手軽に薄くできる方法ってあるの?

 

今回は、お顔の特に気になる場所のひとつ、鼻の下の溝についての気になる情報をご紹介していきます。

 

鼻の下の溝が深いのはブサイク?

鼻の下の溝は人中といい、人間の一番の急所の一つでもあります。

鏡で自分の顔を見た時に目につきやすい場所なので、「もっと薄くならないかな…」と気にしてしまう人も多いかもしれませんね。

 

しかし、人中が深いのはブサイク、とひとくくりにしてしまうのは大きな間違い

 

人中があまりにも浅かったり、薄かったりすると、顔がのっぺりしてしまい、メリハリのないお顔になってしまうこともあります。

 

しっかり深さのある人中だと顔に立体感がでるので、わざわざ溝を深くする美容整形手術を行う人もいるのだとか。

キレイな女優さんや芸能人の中でも、溝が深い人はとっても多いです。

 

でも、自分のお顔のバランスなどをみて、「やっぱり濃いのではないか…」「サルっぽいかも…」と悩んでしまう人ももちろんいると思います。

そんな方のために、お手軽に試せるマッサージやメイクをご紹介します!

 

もし人中が濃くてお悩みなら、是非お試しくださいね!

 

鼻の下の溝を消す・浅くする方法は?

人中は、完全に消すことは難しいですし、全くないよりはあるほうが魅力的でバランスの取れたお顔になります。

それでも薄くしたい場合は、マッサージやメイクなどでかなり印象を変えることができます。

 

即効性抜群!簡単マッサージ

まずは、今すぐにできてお手軽なマッサージからご紹介します。

 

  1. 鼻の下の溝の部分に沿わせるように、人差し指を当てます。
  2. そのまま両手の人差し指で左右に伸ばします。(溝を広げるイメージで)
  3. 人差し指をぐっと押さえつけて、1分ほど上下に動かします。

 

この3ステップだけ!とっても簡単ですよね!

 

一回試しただけでも、薄くなっているのが実感できると思いますが、一日一回、何ヵ月か継続して行うと、どんどん薄くなっていきます。

 

鼻唇溝をきれいに見せるメイクのカギは唇!

メイクでも、気になる溝をカバーすることができます。

 

溝が気になると、明るい色で唇を目立たせて、ごまかそうとしてしまう人もいるかもしれませんが、これは意味がないどころか、むしろ逆効果

口周りに目が行ってしまったり、溝の色が際立ってしまったりで、余計深く見える場合もあります。

 

真っ赤なリップももちろん素敵ですが、溝を目立たせないようにするには、オレンジ系や薄いピンクなど、お肌になじむ自然な色味が効果的です。

上唇のラインを少しだけ上めに引いて、唇の山の部分を目立たないようにぼかすと、より薄く見えます。

 

溝に直接コンシーラーやファンデーションを厚塗りしたり、ハイライトで隠そうとしたりすると、不自然な印象を与えたり、逆に目立ってしまうので、やりすぎないように注意してくださいね。

 

人中が深いのは治すことができる?整形の場合は?

マッサージやメイクなどを試してみたけど、やっぱり気になる!

どうしてももっと薄くしたい!という場合は、美容整形をするのもひとつです。

 

例えば、ヒアルロン酸などの注入剤を注射すれば、薄くなる可能性があります。

 

お金に余裕がある方や、どうしても気になってしまう方は、美容整形外科に行って、「人中が濃い」という悩みを相談してみてもいいかもしれませんね。

 

まとめ

今回は「人中が深い」というお悩みを解決する方法をご紹介しました。

 

鼻の下の溝が深くて、魅力的な方ももちろんたくさんいらっしゃいますが、そうはいっても自分のことは他人が思っているより気になるもの。

 

まずは紹介したマッサージやメイクを試して、少しでも変化を感じてみてくださいね。