食べ物

ホットケーキの生地の保存期限や保存方法!前日に作るのは大丈夫?

ホットケーキの生地の保存期限はどれくらいか知っていますか。

いつでも簡単に焼きたてふわふわのホットケーキを食べれたら、うれしいですよね。

 

ホットケーキの生地を冷蔵庫に置いときたいけど、どれくらいもつのか気になります。

 

実は、ホットケーキの生地は卵や牛乳といった生ものが入るので、冷蔵保存でもつのは1日くらいなのです。

 

しかも、混ぜてしまった時から生まれるガスが次第に抜けていくので、時間が経つとどんどん生地がふくらまなくなっていきます。

 

この記事では、ホットケーキの生地が保存できるか、保存期限やオススメの保存方法についてくわしく解説していきます。

 

ホットケーキの生地は保存できる?

ホットケーキの生地は保存可能なのでしょうか。

 

ホットケーキミックスに牛乳と卵を混ぜたあとの生地は、あまり保存のきくものではありません。

牛乳と卵が生ものなので、長く置いておくと腐ってしまいます。

 

ホットケーキの生地を置いておくと膨らまなくなる!?

ホットケーキ生地をそのまま置いておくと、焼いたときにふくらまなくなってしまいます。

 

ホットケーキがふくらむのは、ホットケーキミックスにベーキングパウダーが含まれているからです。

このベーキングパウダーは、水分に触れるとガスに変わります。

生地が焼けて固まるときに、ガスが生まれてスポンジの穴を作っていくので、ホットケーキがふくらむのです。

 

しかし、生地を焼かずにそのまま置いておくと、ベーキングパウダーがガスになったものが留まらずに出て行ってしいます。

ベーキングパウダーから生まれたガスが抜けきってしまうと、ホットケーキはふくらまなくなってしまいます。

 

我が家にあるホットケーキミックスの包装を見てみたところ、焼きあがったホットケーキを一枚一枚をラップに包み、冷凍することができると書いてありました。

ふわふわのホットケーキを食べたいのなら、焼いたものを一枚ずつラップで包んで冷蔵庫か冷凍庫に入れて保存する方がオススメです。

 

ホットケーキの生地の保存期限はどのくらい?冷蔵と常温では?

ホットケーキの生地の保存期限はどれくらいでしょうか。

 

ふくらむかどうかは別として、ホットケーキの生地の保存できる期限は、冷蔵で1日くらい、常温では4時間くらいです。

しかし、季節によって気温や湿度が違うので、この保存期限はあくまで目安です。

 

湿度の高い梅雨時や、気温の高い夏は、常温に置いておくことは心配です。

冷蔵庫で保存するにしても、できる限り早く焼いて食べることをオススメします。

 

ホットケーキ生地の保存方法オススメは?

ホットケーキの生地が余ってしまったときなど、そのまま生地を保存したいときもありますよね。

 

ホットケーキ生地の保存方法でオススメなのは、冷蔵庫での保存です。

常温では生地が傷んでしまう心配がありますし、冷凍庫で保存すると解凍するときが大変です。

 

一番オススメなのが冷蔵庫での保存なのです。

 

冷蔵庫に入れて保存するときには、ホットケーキ生地の入ったボウルにラップをし、なるべく空気に触れないようにしっかりと閉じましょう。

 

ホットケーキの生地を前日に作っておくのは大丈夫?

ホットケーキの生地を前日に作っておくのは大丈夫でしょうか。

 

冷蔵庫に保存しておくのであれば、1日くらいもつので、前日に作っておいても腐ることはありません

 

しかし、作り立ての生地とは違い、ふわふわなホットケーキにはならないでしょう。

 

もしあなたが、用意する時間が取れないけれど、朝に美味しいホットケーキを食べたいのならば、焼いたものをラップに包んで冷蔵か冷凍しておき、食べるときに温めるのをオススメします。

 

我が家では、ホットケーキを作るときに多めに焼いておいて、ラップに包んで冷凍保存しています。

ラップでぴっちり包んだホットケーキは、電子レンジで温めると、スチーム効果でむっちりとした食感になります。

 

手間はかかりますが、仕上げにバターを溶かしたフライパンで軽くあぶると、焼きたて感を出すことができますよ。

 

まとめ

ホットケーキの生地は、牛乳や卵といった生ものが混ざるので、長くは保存できません。

冷蔵保存で1日くらいはもちますが、長く置くと、生地をふくらませるベーキングパウダーの働きが終わって、ふくらまなくなってしまいます。

 

もし冷蔵庫で保管するときには、ボウルにしっかりラップをしましょう。

 

また、ホットケーキは焼き上げてからラップに包み、冷蔵か冷凍で保存するのがオススメです。

 

まとめて焼いておいて、冷凍庫に保管し、食べるときに温めてもおいしく食べられますので、ぜひ試してみてください。