食べ物

冷凍チャーハンは弁当にそのまま入れて大丈夫?自然解凍時間は?

冷凍技術が発達し、食品メーカーの企業努力により、冷凍チャーハンはお店の味に引けを取らないくらいおいしくなっていますよね。

 

ランチに外食するよりは、弁当に冷凍食品を入れたほうが節約にもなるし、気軽においしい弁当ができるのでメリットが多いです。

 

どうせなら白ごはんより、おいしいチャーハンを弁当に持って行きたくなりますが、冷凍チャーハンは弁当にそのまま入れて大丈夫なのか気になりますよね。

 

結論から言えば、冷凍チャーハンを弁当にする際、食べる前に電子レンジで加熱するのであればそのまま入れて大丈夫です。

 

1食分の自然解凍時間は1時間程ですので、食べる前に電子レンジで加熱するときの加熱時間は、パッケージの表示時間より短くすると良いでしょう。

 

では、食べる前に電子レンジで温められない場合などはどうでしょうか。

 

ここから先は、より詳しく、冷凍チャーハンを弁当に入れる場合に自然解凍でも食べられるのか、また、自然解凍時間はどのくらいなのかなどご紹介していきます。

 

冷凍チャーハンを弁当にそのまま入れて自然解凍でも食べられる?

冷凍チャーハンを弁当にそのまま入れ、自然解凍された状態では食べることはおすすめできません

どうしておすすめできないのか。それは、冷凍食品のパッケージを見れば分かります。

詳しく説明しますね。

 

自然解凍で食べられる冷凍食品はどんなもの?

冷凍食品の内、自然解凍で食べられるものは、パッケージに「自然解凍OK」や「そのまま食べられます」という表示があります。

 

自然解凍で食べられる冷凍食品は、衛生面を徹底して管理し、「35℃9時間の保存に耐えられる」基準で製造されています。

 

使われる材料も厳選され、細菌類の発生しにくい仕組みにされているのです。

 

自然解凍可能なもの以外は電子レンジやフライパン等で加熱が必要です。

 

冷凍チャーハンを自然解凍で食べるのはおすすめしない!

では冷凍チャーハンの場合はどうでしょうか。

 

残念ながら、冷凍チャーハンで「自然解凍OK」や、「そのまま食べられます」という表示になっているものはほとんどないはずです。

つまり、多くの冷凍チャーハンは自然解凍可能な基準では作られていません

 

食品メーカー側も、加熱した状態で食べたときに一番おいしく感じられるように商品開発をしています。

自然解凍でも食べられないことはないかもしれないですが、安全とおいしさは保障されていません。

 

なので、お弁当にする場合には、パッケージに表示されている通り、電子レンジやフライパンでの加熱が必要です。

 

加熱後に冷ましてから弁当箱に詰めるか、冷凍のまま詰め、食べる前に電子レンジで加熱すると良いでしょう。

 

たくさん具の混ざっているチャーハンや炊き込みご飯は、ママたちが夏場の弁当に入れるのを避ける程、傷みやすいメニューです。

冷凍チャーハンも、パッケージに書かれた通りの食べ方をした方が安全そうですね。

 

冷凍チャーハンの自然解凍時間はどのくらい?

冷凍チャーハン1食分の自然解凍時間は1時間程です。

20℃前後の室温に置いておくと、1時間もすると米粒がほぐれ、乾いた米粒くらいの感触になります。

 

ただし、冬場のあまり温度の上がっていない室内だと、解凍しきれないかもしれません。

 

そういういわけで、やはりお昼に弁当を食べる前に、電子レンジで加熱した方がよいでしょう。

 

冷凍チャーハンをそのまま弁当箱に入れ、食べる前に温める場合には、解凍時間を考慮し、
加熱時間を少し短めにするとよいでしょう。

 

冷凍チャーハンをお弁当に入れるのに前日から準備する?

冷凍チャーハンの弁当を前日から準備したいときは、冷凍チャーハンを弁当箱に入れ、冷蔵庫や常温では保存せず、冷凍庫に保存しておきましょう。

 

冷凍チャーハンは、冷凍状態から加熱調理したときにおいしく食べられるようになっており、加熱調理する前に冷蔵庫や室内等で保管してしまうと余計な水分が出てしまいます。

水分が出るとおいしくなくなりますし、細菌等が増える原因になるので、食中毒のリスクも上がってしまいます。

 

そうはいっても当日の朝に用意するのは面倒という方もいますよね。

 

なので、どうしても前日に準備してお弁当に冷凍チャーハンを持って行きたい場合には、弁当箱にチャーハンを詰めた状態で冷凍庫に保管しておく。

これだけでも当日朝の手間を減らせるのでオススメです。

 

前日に冷凍庫に保存しておくときは、レンジOKな弁当箱を使いましょう。

また、他のおかずも冷凍可能なものにしておき、朝お弁当を持って行く前もしくはお昼に食べる前に電子レンジで加熱をするようにしましょう。

 

まとめ

冷凍チャーハンは、自然解凍した状態で食べられないことはありません。

 

しかし、安全面においても、おいしくいただくためにも、電子レンジやフライパンでの加熱調理はした方がよいでしょう。

 

自然解凍の時間は、室温によりますが、1食分で1時間程です。

 

自然解凍後に加熱調理するときには、様子を見ながらパッケージの時間より少し短めにします。

 

もしお弁当を前日に用意したい場合には、冷凍チャーハンを入れた弁当箱ごと翌日まで冷凍保管すると安心です。

 

便利な冷凍食品はお弁当に活躍してくれますが、安全面にはくれぐれも気を付けて活用しましょう。

 

この記事の関連記事はこちら

⇒カット野菜はそのまま冷凍で大丈夫?保存期限や解凍方法を紹介!

⇒冷凍コロッケの揚げ方は冷たい油からって本当?解凍しなくていい?

⇒ハンバーグのタネを寝かせるなら一晩がベスト!?冷蔵庫で何日もつ?