食べ物

コーヒーを受け付けなくなった・飲みたくなくなった理由とは?まずく感じたらどうすべき?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
スポンサーリンク

コーヒーを受け付けなくなった理由はカフェイン中毒や酸化したコーヒーを飲んだ場合などが考えられます。

アレルギー症状が出ている可能性もありますので、自己判断はせずに症状がひどい場合は病院を受診することも必要です。

 

今回はコーヒーを受け付けなくなった理由や飲みたくなくなった理由についてお話ししていきます。

まずいと感じるようになった時の対処法もご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

コーヒーを受け付けなくなった理由とは?

コーヒーを受け付けなくなった理由はいくつか考えられます。

  • カフェイン中毒
  • 酸化したコーヒーを飲んでしまった
  • アレルギー

 

3つの理由を詳しくみていきましょう。

 

カフェイン中毒

コーヒーにはカフェインがたくさん含まれており、眠気を覚ましたり利尿作用があったりとさまざまな効果が期待できます。

しかし、多く摂取してしまうとカフェイン中毒になる場合があります。

 

カフェイン中毒になると、頭痛や吐き気、震えなどの症状が起きてしまいます。

コーヒーを飲んで気分が悪くなり、受け付けなくなったと感じる場合はカフェイン中毒を疑いましょう。

その場合はしばらくカフェインを摂取するのをやめて、ひどい場合は病院受診も考えてくださいね。

 

酸化したコーヒーを飲んでしまった

酸化したコーヒーを飲んでしまうと胃もたれや気持ち悪さの原因となります。

その結果、コーヒーを受け付けなくなったと感じる場合もあります。

 

コーヒー豆は酸化していても見た目は変わりません。

しかし、鮮度は焙煎が終わってからどんどん失われていきます。

コーヒーは酸化していないものを飲むようにし、少しでも味がおかしいと思ったら飲むのをやめたほうがいいでしょう。

 

アレルギー

コーヒーを受け付けなくなった場合に考えられるのが、アレルギーです。

コーヒーを飲んで急に気分が悪くなったり、息苦しく感じたりする場合はアレルギーを疑ってみてください。

 

カフェインだけでなく、コーヒーに含まれるさまざまな成分が身体に合わず、アレルギー反応を起こしている可能性がります。

ただし、自己判断はせず症状がひどい場合は病院を受診することも選択肢の一つに入れておいてくださいね。

スポンサーリンク

コーヒーが飲みたくなくなる理由とは?

コーヒーが飲みたくなくなる理由として体質やメンタルの不調が挙げられます。

2つの原因を詳しくみていきましょう。

 

体質

コーヒーを飲むとお腹を下すなど体調が悪くなる場合は、飲むのをためらってしまいますよね。

原因としてカフェインに弱い体質になってしまったり、上記でもお話ししたようにアレルギーになったりといったことがあげられます。

 

もちろん飲みたくない時は無理に飲まず、カフェインレスに変えるなど工夫してみてください。

 

メンタル

酸味や苦味はメンタルに影響されやすく、ストレスがたまっているとコーヒーを苦く感じてしまい飲みたくなくなってしまいます。

もちろん落ち込んでいるからこそコーヒーの香りに癒される方もいるでしょう。

一方でストレスが溜まりすぎているとコーヒーを飲む気分ではなくなる場合もあることを知っておいてくださいね。

急にコーヒーがまずくなったと感じた時の対処法

急にコーヒーがまずくなったと感じる場合は2つの原因が考えられます。

  • 体調に変化があったから
  • 妊娠したから

 

詳しく解説していきます。

 

体調に変化があったから

‌急にコーヒーがまずくなったと感じる場合は体調に変化があったからかもしれません。

味を感じ取るのは舌にある味蕾と呼ばれる感覚器官です。

ほかにも鼻や目などさまざまな感覚器官から判断されています。

 

そのためいつも飲んでいたコーヒーがまずくなったと感じる場合は、これらの感覚器官に異常がある可能性が高いといえます。

例えば風邪をひいていたり、寝不足だったりといつもと体調が違うことが原因かもしれません。

その場合は体調が戻ってから改めてコーヒーを飲むことをおすすめします。

 

妊娠したから

女性であれば妊娠している可能性も考えられます。

特に妊娠初期は体質に変化が置きやすく、今まで普通に食べたり飲んだりしていたものを受け付けなくなります。

 

妊娠期間はさまざまな変化があるため、妊娠中期や後期になると再びコーヒーが美味しいと感じるかもしれません。

ただし、妊婦さんにとってカフェインの取り過ぎはよくないと言われていますので、カフェインレスコーヒーを楽しむのも一つの手ですね。

 

カフェインレスコーヒー 

妊娠中の方だけでなく、カフェインが苦手だけどコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

ブラックはもちろん、ミルクを入れてカフェオレにしたりラテにして楽しめます。

コーヒーの香りでほっと一息つけるカフェインレスコーヒーでカフェタイムを楽しんでみてはいかがですか?

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーを受け付けなくなった主な理由は3つあげられます。

  • カフェイン中毒
  • 酸化したコーヒーを飲んでしまった
  • アレルギー

 

そのほかにも体調やメンタルによって左右されることがあります。

 

コーヒーがまずいと感じる場合は寝不足や風邪をひいている時です。

そんな時は体調がよくなってから再度試してみたり、カフェインレスに変えてみたりして対処するのがおすすめです。

 

妊娠初期の体質変化でもまずいと感じるので、女性の場合は妊娠の可能性もあると思ってください。

コーヒーは体調やメンタルと深い関係があります。

コーヒーによる体調不良が続く場合は病院を受診するのをおすすめします。

 

体調が戻ってきた時に少量から試してみるなど、コーヒーとの付き合い方をあなたのペースで考えてみてくださいね!