食べ物

冷凍ピザの電子レンジしかない時の焼き方はどうする?フライパンの方法も紹介!

冷凍食品のピザが食べたいのに、家には電子レンジしかない。

果たして、電子レンジだけで冷凍で販売されているピザを焼くことは、できるのでしょうか。

 

実は、電子レンジにできるのは、冷凍されているピザを温めるところまでです。

電子レンジで温めても食べられないことはないですが、生地に油と水分が染み込み、あまりおいしくは感じられないでしょう。

 

それよりも、フライパンか魚焼きグリルを使った方が、ぐんとおいしくすることができますよ。

 

これから、電子レンジを使って冷凍のピザを焼く方法、フライパン・魚焼きグリルを使って焼く方法を詳しく解説していきます。

 

冷凍ピザは電子レンジしかない(トースターもない)けど大丈夫?

冷凍食品のピザを焼くとき、電子レンジしかなく、しかもトースターもなというときでも大丈夫なのでしょうか。

 

電子レンジで加熱されれば、一応ピザを食べられる状態まで温められます

しかし、おいしく食べられるかというと、そうではありません。

 

おいしいピザというのは、生地に弾力があり、生地やチーズの表面に焦げ目ができて香ばしいですよね。

電子レンジだけで調理したピザは、一応チーズが溶け、ソースが温まっているかもしれませんが、生地は具の油と水分を含み、べちょべちょになってしまいます。

 

食べられないこともないですが、電子レンジの他にもピザを温められるものがないか探してみる方が良いでしょう。

 

電子レンジにトースター・オーブン機能が付いてるかも?

電子レンジの中には、トースターもしくはオーブンを使える機能が付いている可能性があります。

 

電子レンジの正面にあるボタンの中に、「トースター」「オーブン」「グリル」といった表示はないでしょうか。

電子レンジの庫内天井にヒーター管が付いていれば、トースター機能が付いている可能性が高いです。

 

もしどちらかの機能が付いていれば、冷凍のピザをレンジで少し解凍したあと、トースターもしくはオーブンで調理できます。

取り扱い説明書を見直してみてください。

 

1点注意が必要なのが、レンジと違い、トースター・オーブン機能を使うときに、電子レンジの周囲が熱くなることです。

キッチンペーパーやビニールなど、燃えやすく溶けやすいものは遠ざけてから使うようにしましょう。

 

私は、過去に油断してキッチンペーパーをレンジの上に置いたままオーブン機能を使ってしまい、焦がしてしまった経験があります。

焦げるだけで済めば良いですが、火事になる恐れもあるので、くれぐれもご注意を。

 

冷凍ピザの電子レンジでの焼き方を紹介!時間はどのくらい?

電子レンジを使って、冷凍食品のピザを食べる方法を紹介します。

 

  1. 冷凍のピザの包装を取って、少し深めの皿に載せる。
  2. ラップをピザの表面に触れないようにかける。
  3. 電子レンジ500Wで2分~4分加熱する。

 

深めの皿を使って、ラップがピザに触れないようかけるのがコツです。

ラップがピザの表面に触れてしまうと、チーズなどの油分が温められて高温になったときにラップが溶けてしまう可能性があります。

 

加熱時間はどのくらい?

加熱時間は大きさによりますが、ピザ1ピースで2分くらいです。

 

加熱が十分になると、チーズがふつふつと気泡ができて膨らむので、焦げすぎないよう様子を見ながら温めましょう。

 

冷凍ピザはフライパンで解凍なしでも焼ける?焼き方は?

冷凍されているピザはフライパンであれば、解凍しなくても焼いて大丈夫でしょうか。

 

どの冷凍のピザの調理方法を見ても、解凍してから焼くという流れが一般的です。

フライパンから伝わる熱は強いため、ピザの中が温まる前に生地が焦げてしまう可能性があるからです。

 

しかし、フライパンでも、弱火にしてじっくり熱を伝えるようにすれば、解凍せずとも、焼くことはできるのです。

 

フライパンで、冷凍食品のピザを解凍せずに、そのままの状態から焼く方法をご紹介していきます。

 

  1. 鉄のフライパンは強火で温め、油を敷く(テフロン加工のフライパンは②の工程から初めてください)。
  2. 弱火にしたら、フライパンにピザを乗せる。
  3. 蓋をして、じっくり焼いていく(蓋がなければアルミホイルを蓋の代わりにしましょう)。
  4. 5分ほど待ったら蓋を取り、少し水分を飛ばし、出来上がりです。

 

ピザ表面の香ばしい焦げは出せませんが、生地裏側はこんがり焼け、蒸し焼き効果でもちもちに仕上げることができます。

 

冷凍ピザは魚焼きグリルでも焼ける?焼き方は?

冷凍されているピザは、魚焼きグリルを使っても焼くことができるでしょうか。

実は、魚焼きグリルは、ピザ窯と同じく庫内を高温にした状態の中で焼けるので、冷凍ピザをおいしく焼くことができるのです。

 

我が家では、魚焼きグリルを鮭などの魚を焼くときだけでなく、冷凍や冷蔵の食品を焼くときに活用しています。

トーストや冷凍のポテト、冷蔵のナゲットなども魚グリルで焼いていますが、とてもおいしく調理することができていますよ。

 

魚焼きグリルを使った冷凍のピザをおいしく焼く方法を紹介します。

 

  1. 強火で3分くらい魚焼きグリルを予熱します。
  2. 火力を弱火にし、グリルの網の上にアルミホイルを敷きます。
  3. アルミホイルの上に冷凍のピザを乗せ、焼いていきます。
  4. 焼き時間は3分くらいですが、表面が焦げやすいので、焼き加減をみて引き上げてください。

 

予熱して庫内の温度を高くしておくことがポイントです。

うまく焼けると、チーズにこんがりとした焼け目ができ、ピザの耳も表面がサクサクと音がするくらいに焼けます。

 

まとめ

冷凍されたピザは、電子レンジのみを使って温めても、一応は食べることができます。

しかし、生地に油と水分が染み込み、べちょべちょで、あまりおいしくありません。

 

フライパンか魚焼きグリルを使えば、冷凍のピザをおいしく焼いて食べることができます。

 

フライパンは、蓋を使うと冷凍のままから焼き上げまでできて便利です。

魚焼きグリルは、ピザ焼き窯に近い状態で焼き上げられます。

 

冷凍のピザはトースターかオーブンでしか焼けないと思いがちですが、フライパンに蓋をして蒸し焼きにするか、魚焼きグリルを使って高温で一気に焼くと、驚きの出来栄えになりますので、ぜひやってみてください。