生活

ステンレス製の弁当箱が危険って本当?メリット・デメリットも紹介!

最近は、安くて可愛いお弁当箱が普及してきた為、なかなかステンレス製お弁当箱を目にしなくなりましたね。

ステンレス製お弁当箱が危険!なんて話も耳にしてステンレス製お弁当箱を買う人が少なくなってしまったのもあります。

 

ですが、ステンレス製お弁当箱に危険はありませんのでご安心ください。

 

今回は、ステンレス製弁当箱の危険性や、ステンレス製弁当箱を使うメリットとデメリットを紹介します。

ステンレス製の弁当箱を買う際の参考にしてくださいね。

 

ステンレス製の弁当箱が危険って本当?

一昔まえに、ステンレス製の弁当箱は危険!なんて言われていましたが、ぜんぜん危険なんて事はありませんよ

 

アルミ製品を使い続けると体にアルミニウムが蓄積されるなんて話もあり、ステンレス製は「害」だと思てしまっている人も多いようです。

 

ですが、周りを見てください。

流し台や、水筒だってステンレス製ですよね?

お鍋もステンレス製のを使っている家庭だってあります。

 

ステンレスには、クロムという物質が含まれています。

その、クロムから六価クロムが生成されると有害物質となりますが、六価クロムは高温で熱することで生成されます。

日常で使うのに1000℃に熱するなんてありえませんよね。

なので、ステンレス製お弁当箱は安心して使えるお弁当箱というわけです。

 

ちなみに、アルミのお弁当箱が危険なのかどうかも気になる方は、こちらの記事を参考にしてください。

⇒アルミ製のお弁当箱が危険って本当?メリット・デメリットも解説!

 

ステンレスのお弁当箱のメリット・デメリットは?

ステンレス製のお弁当箱にもメリットとデメリットがあります。

何でもそうですが、いい所もあれば悪い所もあるんです。

 

では、メリットとデメリットを見ていきましょう。

 

ステンレス製のお弁当箱のメリットは?

なんと言っても、丈夫なところです。

 

プラスチックのお弁当箱は、蓋に付いている留め具がすぐ壊れてしまいますがステンレス製お弁当箱は壊れません。

流し台が壊れたとか鍋が真っ二つに割れたなんてことも聞かないですよね。

 

ステンレスは、耐久性も耐熱性に非常に優れていて優秀なんです。

 

そして、お手入れも楽ちんです。

プラスチック製お弁当箱は、におい移りや色移りが日常茶飯事ですが、ステンレス製ではほとんどありません。

 

ステンレス製のお弁当箱のデメリットは?

ステンレス製のお弁当箱のデメリットは、重たいことです。

プラスチックやアルミのお弁当箱と違い、ステンレス製お弁当箱は重量があります。

 

ステンレス製のお弁当箱を買う場合は、自分の手で持って重量を確認してから購入しましょう。

ネットなんかで、デザインだけで選んで買ってしまうと後で後悔するかもしれません。

 

もう一つのデメリットは、お値段が少々お高めです。

ただ、長く使える事を考えたらステンレス製のお弁当箱の金額は妥当なところでしょう。

 

ステンレスのお弁当箱は電子レンジ・食洗器の使用可能?

ステンレス製のお弁当箱は、電子レンジが使えません。

 

ステンレスをレンジで温めてしまうとパチパチと火花がでたり、最悪の場合は、大爆発なんて事態にもなりかねません。

ステンレスは「絶対にレンジで温めない!」ことです。

 

温かいお弁当が食べたくても、お皿に移すなどしなくてはいけないので悲しい現実ですね。

 

ですが、食洗器の使用は大丈夫です!

プラスチックと違い食洗器のお湯で変形しないので、別洗い不要で楽ちんです。

 

ステンレスの弁当箱のオススメは?2段や子供用など紹介!

ステンレス製のお弁当箱のオススメを紹介します。

ステンレス製お弁当箱を購入しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

工房アイザワ 小判型ランチボックス

ステンレス製のお弁当箱と言えば、老舗メーカーの「工房アイザワ」です。

 

小判型で通勤バッグや通学バッグにも収納しやすく、汁漏れ防止の取り外し可能なゴムパッキン付きで安心です。

容量は570mlで、1段のお弁当箱ですがご飯とおかずを仕切ることもできます。

 

工房アイザワ 角形ランチボックス 小(2段)

工房アイザワの角型ランチボックス小は、2段式のお弁当箱です。

 

ご飯とおかずを別々に入れられるところと容量も720mlとたっぷり入るところが人気です。

汁漏れ防止のゴムパッキンも付いているので子供にもおすすめですね。

 

シーガル オーバルランチボックス16cm

シーガルのオーバーランチボックスは、子供が成長しても使えるシンプルデザインで飽きがきません。

容量も730mlあるので、小学生には最適サイズです。

 

シーガルのお弁当箱は、直火OKなんです。

お弁当箱を使わなくなっても、キャンプなどのアウトドアでも大活躍です。

留め具の部分が持ち手となる為、機能性抜群です。

 

まとめ

ステンレス製お弁当箱には魅力がいっぱいです。

危険などありませんので安心して使ってくださいね。

そもそも、危険ならステンレス製のお弁当箱なんて売っていませんよ。

 

ステンレス製お弁当箱は、シンプルで飽きがこない・丈夫なので長く使えるという最大のメリットがあります。

この機会に、ステンレス製お弁当箱に変えてみてください。