生活

ガスコンロのホースの外し方は?交換が必要な場合の注意点を紹介!

毎日の料理で使っているガスコンロですが、引越しなどでいざ外そうとしたら、ホースが外れない!

 

ホースはしっかり取り付けられているとガス漏れは安心ですが、外すときには一苦労ですよね。

力任せに引っ張ると、元栓金具を変形させてしまい危険です。

 

そんな場合には、切ってはがすのが得策です。

 

また、ホースは劣化すると固くなり、裂けてしまうので、再利用の前によく確かめましょう。

 

それでは、ホースの適切な外し方と、交換時期、外す・切るときの注意点について詳しく説明していきます。

 

ガスコンロのホースが外れない!適切な外し方は?

ガスコンロのホースは、次の3つの手順で適切に外すことができます。

  1. ガスコンロの点火スイッチが点いていないことを確認する。
  2. ガスの元栓を閉める。
  3. 元栓からホースを外す。

 

ところが、元栓からホースを外すところで、なかなか外れないことがあります。

ホースはゴム製なので、元々外れにくい素材でもありますが、コンロの近くで長年熱を浴び続け、癒着してしまっていることもあるんです。

 

ホースが外れない時に安全に外す方法は?

ホースが外れないとき、安全に外せる方法があります。

それは、無理に引っ張らず、ホースを切ってしまうことです。

これが一番オススメなガスコンロのホースの外し方です。

 

その他の方法として、ホースを左右に揺らしても外れない場合に、無理に引っ張らないようにしましょう。

無理な力が加わってしまうと、ガス栓が変形してしまう可能性があります。

 

洗剤や油を使って外す方法は?

「洗剤や油ですべりやすくすれば取れるかもしれない」と考えるかもしれません。

 

しかし、この方法はオススメしません

 

というのも、ホースに油や洗剤をかけると、劣化を早めてしまう可能性があるからです。

さらに、洗剤や油ですべった手を打ち付け、ケガをしてしまう恐れがあります。

 

ガスコンロは火を使うところなので、引火の可能性を考えると油を使うのも気が引けますよね。

 

ガスコンロホースの交換が必要なのはどんな時?再利用は?

ガスコンロホースは定期的に交換が必要です。

 

ホースは、時間とともに劣化しています。

ホースは樹脂とゴムの複合製品で、時間が経つと固くなり、ひび割れてガス漏れの原因になる可能性があるからです。

 

もし、見た目に問題がなくても、コンロを新しく取り換えるときやホースを使ってから7年くらい経っていたら、交換することをおすすめします。

そして、引っ越し等で、ホースを再利用するときにも、ひび割れや固くなっていないか、長年使ったものでないかを確認しましょう。

 

ガスコンロホースの長さも確認する

ガスコンロホースの長さが適切かも併せて確かめた方が良いでしょう。

ガス栓からガスコンロに設置した際、ホースにねじれや折れ曲がりがあると、ガス漏れの原因になりかねません。

 

ピンと張り過ぎている場合も、ホースに過度な負担がかかります。

ホースがゆったりと曲線を描くようにするのが良いつなぎ方です。

 

ガスコンロのホースの種類と外す・切る時の注意点!

ガスコンロのホースの種類と、各ホースで外す・切る時の注意点について解説します。

 

ガスコンロのホースの種類は?

ガスコンロのホースの種類は、2種類あります。

プロパンガス用と都市ガス用です。

プロパンガス用はオレンジ色、都市ガス用は薄いピンク色をしています。

 

どちらもなかなか外れない場合に、はさみ等で切っても、問題はありません。

 

ガスコンロホースを切って外す時の注意点は?

ガスコンロホースを切って外す場合には、次の点に注意しましょう。

  • 端から3cmくらい残して切る。
  • ホースの残った端に、ペンチで縦に切り込みを入れる。
  • 元栓の金具を傷つけないよう、切り込みに沿って手で引き裂き、外す。

くれぐれも手を切らないように注意してください。

 

まとめ

ガスコンロのホースは、ガス漏れ対策のために、滑りにくいゴム製でしっかりとつながっています。

使っているときは安心ですが、外すときは苦労しますよね。

 

無理に外そうとせず、切ってはがして外すのが安全です。

切るときには、ガスの元栓金具を傷つけないよう気を付けましょう。

 

ホースを再利用する場合には、劣化していないか良く見てください。

見た目は大丈夫でも、年数が経ったものは新しくした方が安心して使えます。

 

7年くらいで交換するのが目安です。

 

ガスは扱いを間違うと大事故につながる可能性があるので、念入りに確認し、取り付けをしましょう。