生活

ラーメン1杯のカロリーを消費する日常生活の運動量はどのくらい?

2020年8月2日の「林先生の初耳学」では、家事や洗濯、散歩など普段の日常生活の中でどれだけのカロリーが消費されているのかを計測する企画が放送されますね。

 

ラーメンって美味しいですよね。老若男女問わず人気ですし、美味しいお店もたくさんあって、ついつい食べたくなってしまうものではないでしょうか。

 

ただ、女性の方は特にそうだと思いますが、ラーメン一杯でどのくらいのカロリーを摂取しているのか、そしてそのカロリーを消費するにはどのくらいの運動が必要なのかを気になる方もいいのではないでしょうか。

 

そんな

 

ラーメン一杯分のカロリーと、それを消費するための運動ってどのくらいだろう?

 

と気になった方のために!この記事では、

 

ラーメン一杯分のカロリーと、それを消費するために必要な日常生活の運動についてご紹介したいと思います!

 

気になる方はぜひご覧ください♪

 

ラーメン一杯分のカロリーはどのくらい?

そもそも、ラーメン一杯分のカロリーはどのくらいなのでしょうか?きちんと把握している方は少ないのではないでしょうか笑。

 

ラーメンの種類やトッピングにもよりますが、おおむね次のようなイメージになります。

ラーメンの種類 摂取カロリー
中華麺 343 kcal
カップラーメン 403 kcal
醤油ラーメン 470 kcal
冷やし中華 577 kcal
味噌ラーメン 580 kcal
塩ラーメン 471 kcal
とんこつラーメン 502 kcal
チャーシューメン 564 kcal
家系ラーメン 800 kcal

参照:slism

スポンサーリンク
ラーメンの種類によって、だいぶばらつきがあるようですね。

 

例えば、高カロリーな印象であるとんこつラーメンよりも、ヘルシーな印象の味噌ラーメンの方がカロリーが高いようです。

 

そして表の中で、最も低カロリーなのは中華麺で、最も高カロリーなのは家系ラーメンでした。

 

一番高いカロリーと低いカロリーを比較すると、450kcalも違ってきます!

 

もちろんこれが絶対ではなく、トッピングによっても変化しますが、だいたいの目安としては使えるのではないでしょうか。

 

ちなみに、上の表のすべてのラーメンを平均すると、そのカロリーは「約523kcal」となります。

 

トッピングを入れたり入れなかったりとあると思いますので、トッピングをいれることも考慮してちょっと多めに見積もって、キリの良い「600kcal」ということにしましょう。

 

では、この600kcalを消費するのに必要な運動量はどのくらいなのでしょうか。

 

日常生活の動作で確認してみましょう。

 

ラーメン一杯分のカロリーを消費する運動量は?【日常生活】

ラーメン一杯で、約600kcalを摂取することが分かりました。

 

ということで、その600kcalを消費するために必要な日常生活での運動量を見ていきましょう。

運動の種類 ラーメン1杯分消費するための時間
料理 4時間
洗濯 4時間
掃除 4時間
皿洗い 7時間
洗車 2時間42分
風呂掃除 2時間6分
入浴 5時間
犬の散歩 3時間
階段を上る 1時間
電車で立つ 4時間
自転車 2時間

参照:http://salad-na-gohan.net/research/calorie/calorie01/
https://allabout.co.jp/gm/gc/298997/2/

スポンサーリンク
だいたいどのくらいの運動量が必要か、イメージできたでしょうか?

 

一番時間がかからないのは、1時間の「階段を上る」ですが、1時間も階段を上り続けるのはかなりしんどいのではないでしょうか笑。

 

散歩でも3時間程度かかるくらいなので、日常生活のレベルでラーメン一杯分の摂取カロリーを消費するのは、とても骨が折れそうということが分かりました。

 

ラーメン1杯のカロリーを消費する日常生活の運動量に関するまとめ

今回は、「林先生の初耳学」にて放送された内容にちなんで、ラーメン一杯分のおおよそのカロリーと、それを消費するための日常生活の運動量などについてご紹介しました♪

 

まとめると

  • ラーメン一杯分の摂取カロリーは大体500-600kcal程度!
  • 日常生活で消費するには、散歩で3時間などかなりの時間をかける必要がある!

 

という内容でした!

 

普段から、なるべく運動することを心がけておきたいですね笑。

 

日常的に徒歩で移動する機会が多い方や運動習慣があれば状況は異なりますが、そうでない場合は、それなりの覚悟が必要そうです。。。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!