生活

化粧水の詰め替え時は洗う?洗わない?何回詰め替えて良いのかや注意点を紹介!

お手入れに大事な基礎化粧品の中で、まず一番始めにお肌につけるのが化粧水ですよね。

その化粧水を使い切って詰め替える時って、使ったあとの容器は洗っていますか?

 

あれは洗って正解なんですよ。

しかも、消毒もしてきちんと清潔にして使えば、容器はずっと使うことができるって知ってました?

 

でも、意外な注意点もあるので気をつけてくださいね。

化粧水によっては、化粧品メーカーさんから「洗わないでご使用ください」という文言が表示されているものがあるんです。

 

また、他の商品には詰め替えないでください」とも書かれてあったりする化粧水も中にはあるので注意が必要なんですよ。

 

それではこれから、もっと詳しく解説していきますね。

化粧水の詰め替えの時の注意点洗い方など、特に清潔に保つポイントについてもいくつかご説明いたします。

 

化粧水の詰め替えする時は洗う?洗わない方が良いの?

化粧水を詰め替える時って、実はもちろん洗った方が衛生的なんですよね。

でも、それはしっかりと水分を取らなければ意味がなくて雑菌が繁殖してしまうんです。

 

つまりは、水滴がなくなるまでしっかりと乾かす必要があるんですね。

 

水滴の水は腐敗するので注意

水滴が少しでも残っていると、その残った水滴はいずれ腐敗してしまうので雑菌の繁殖につながってしまうんですよね。

 

え?水って腐るの?という疑問が湧きますよね?

そうなんです、化粧水のような「純水」と呼ばれる混じり気のない水は腐らないんですが、水道水などの水には少量の微生物が存在しているので、時間の経過とともに腐敗した状態=菌が繁殖・増殖してしまうんですよね。

だから、水道水で洗った水滴に菌が繁殖して増殖してしまうというまったくもって困った状態になってしまうんです。

 

それが化粧水の容器を洗うことで起きるとしたら・・・?

これではちょっと本末転倒、「なんでせっかく洗ったのにこんなことになるの?」って悲しくなっちゃいますよね。

 

雑菌の繁殖した容器にたとえどんなに新しい新鮮な「純水」の化粧水を詰め替えたとしても、美しい肌になるどころか雑菌によってお肌が荒れ果ててしまうじゃないですか・・・。

 

容器は2個で使いまわすのがオススメ

「そうは言っても、私は全然容器をうまく乾かす自信がない」というあなたに、朗報です。

ぜひとも2個の容器を用意して使いまわしすることをオススメします。

 

使い終わった容器を洗って乾かしている間に、もう1つの容器に新しい化粧水を詰め替えて使用する。

そうしている間に先ほど洗っておいた容器の乾かし残しの水滴はいつの間にか消えてなくなり、使う頃には乾き切っている状態になるのです。

それに、容器を乾かすときは自然乾燥が大事なのでちょうど良い状態で乾かせるんですよね。

 

またそれに伴い2個の容器で使いまわせば、かなり安心して詰め替えサイクルができますよね。

そのついでに、詰め替え時にアルコール消毒もするというように決めておけば、なお清潔な状態が保てて良いですよね。

 

ただ、化粧水によってはメーカーさんが「容器を洗わないで」という文言を表示をしているものもあります。

お手持ちの化粧水の表示を一度しっかりと確認してから適切な方法で詰め替えましょうね。

 

化粧水の詰め替えは何回まで再利用できる?

きちんと乾かして消毒もして・・・それならば化粧水の容器はずっと使えます。

極論でいうと、容器自体が壊れてしまうまで大丈夫なんです。

 

でも、それでは衛生面がさすがに気になるでしょうから平均的には1〜2回詰め替えたところで容器も取り替えるというのがベストでしょうね。

 

100均などを利用するとコスパ良いですよ。

サイズや種類も豊富なので、ちょうどいいサイズの容器が手に入るかと思われます。

 

化粧水詰め替えで違う容器に詰め替えたい時はどうする?

詰め替えたい化粧水が「詰め替えできるタイプの化粧水」であり、なおかつ消毒をしっかりしてあれば違う容器に詰め替えても大丈夫ですよ。

 

同じ容器に詰め替える時でも、違う容器に詰め替える時でも、原理は同じです。

つまり、「清潔であること」これが大前提なんですね。

 

化粧水の詰め替えボトルへの詰め替え方法の注意点!

詰め替え方法で大切なポイントは5つあります!

  • しっかりと石鹸で手をよく洗う
  • 自然乾燥でしっかりと水滴をなくす
  • 消毒をしておくとなお良し
  • 「洗わないで」と表示された化粧水は洗わないで詰め替える
  • 「他の商品は入れないで」の表示があるものは表示通りに従う

それぞれ詳しく説明しますね。

 

しっかりと石鹸で手をよく洗う

基本は「清潔」なので、詰め替えるその手が清潔でなければ意味がありませんよね?

詰め替え作業を始める前に、しっかりと石鹸で手を洗いましょう。

 

自然乾燥でしっかりと水滴をなくす

ぬるま湯(または水)で洗った後はとにかくしっかりと水滴をなくさなければいけないんですよ。

水滴が少しでも残ってしまっていたら、それが腐って雑菌が繁殖しちゃいますからね。

 

自然乾燥させて、ぜったいに水滴は残さないようにしましょうね。

 

消毒をしておくとなお良し

水滴がなくなったら消毒をしておくと、さらに衛生的で安心です。

 

キッチンペーパーに消毒液をかけて拭き取りましょう。

届きにくいところは、割り箸などの何か棒状のものを使って拭き取りましょう。

直接容器に消毒液を適量入れて、全体に行き渡るように振ってから消毒液を捨てるという方法でもOKですよ!

 

「洗わないで」と表示された化粧水は洗わないで詰め替える

たまにこういう化粧水もあるようなのですが、化粧水の中にすでに防腐剤が入っているから洗う必要がないのではないかともいわれています。

 

とにかく詰め替え時には、表示をチェックしてみてくださいね。

 

「他の商品は入れないで」の表示があるものは表示通りに従う

同じ商品なら良いけれど、違う商品はNG!ということもあるので、やはり表示の確認は怠らないでくださいね。

 

以上の5点に注意していただいて、清潔な状態で安心して使える化粧水に詰め替えましょう。

 

まとめ

化粧水を詰め替えるときのポイント、ご理解いただけましたか?

 

化粧水だけではなく、乳液・美容液・シャンプー・リンス(コンディショナー)を詰め替えるときも同じ方法が使えますよ。

とにかく美肌になるための行程のスタートとなる、化粧水です。

 

雑菌が繁殖して増殖したりしているなんて考えただけでも恐ろしいですよね。

 

経済的な「詰め替え」を上手に利用して、衛生面と清潔さを保ちながらどんどん綺麗になっていきましょうね。