未分類

ボールペンの名入れは困る?するしないはどっちが良い?

ボールペンをプレゼントする際に、ボールペンの名入れサービスを利用するかどうか、悩んだことがあると思います。

 

このサービスなんですが、実は相手が困ってしまい、あまり喜ばれないケースもあるんですよ。

 

  • 「名前が入っていると恥ずかしい」
  • 「なんか重く感じる」

なんて思う人も・・・

 

そこで、「ボールペンの名入れは困るのか」や「するしないはどっちが良いか」ということについて調べてみましたので、ぜひご覧ください。

参考にしていただくと、プレゼントをする際などに、迷うことがなくなりますよ。

 

ボールペンの名入れは困る?贈るときの注意点とは?

基本的に、ボールペンの名入れは喜ばれます。

ですが、人によっては困ってしまうことも・・・

 

プレゼントされて困る人は、概ね次のようなことを感じています。

  • 重く感じる
  • 恥ずかしくて使えない
  • ボールペン自体あまり使わない

 

ボールペンの名入れは、それ自体を重く感じることがあります。

特に異性からのプレゼントとなると、重く感じることがあるようです。

 

恥ずかしくて使えないと感じている人は、例えば名前にコンプレックスを持っている場合があります。

コンプレックスを持っている名前が刻印されていると、せっかくのプレゼントもあまり嬉しくは感じないですよね。

 

また、名入れの字体で恥ずかしく感じることもあります。

 

ボールペンをあまり使わない人だと、プレゼントされてもあまり嬉しいと感じず、貰っても困ると思うようですね。

 

贈るときの注意点

名入れをして贈るときの注意点には、次のような点があります。

  • 相手との関係性
  • 名入れのパターン
  • ボールペンの質や質感
  • 納期

 

相手との関係性を考える

ボールペンの名入れをする際は、相手と自分はどのような関係にあるかを考えるようにしましょう。

 

特にあまり交流がなく、親しくもない人から名前入りのボールペンを贈られても、重く感じることが多くあまり嬉しくなかったり、困惑したりします。

 

ある程度親しければ、名入れを喜んでくれる可能性が高くなります。

例えば、甥・姪・親友・恋人・親しい上司・親しい後輩・子どもなどのような関係ですね。

 

名入れのパターンを考える

名入れで使用する文字のパターンをしっかり考えないと、相手が困惑してしまうことがあります。

 

名入れの文字のパターンは結構多いので、相手が恥ずかしく感じてしまう字体は避けた方がベター。

 

例えば、漢字よりはローマ字にしたり筆記体表記にしたりすると良いですね。

 

ボールペンの質や質感を考える

名入れをするボールペンと名入れの文字などの質感があっているかどうかも大切なポイントです。

安っぽいボールペンに名入れしても不釣り合いなので、相手は喜んでくれないかもしれない。

 

書きやすさや持ちやすさ、しっかりとした質感があるかを考慮してボールペンを選ぶことをおすすめします。

 

WEB注文を利用する場合は、無料サンプルがあれば取り寄せて確認するのもありです。

 

納期を確認する

名入れをするしないに関わらず、相手にプレゼントするものなので、いつまでに用意するかが決まっていることが多いでしょう。

 

なので、注文してどのくらいで手元に届くかを確認しておくことは最重要です。

プレゼントしたい日にちが過ぎているのにまだ手元に届いていないなんてことがないように、しっかり確認しておきましょう。

 

ボールペンの名入れはダサい?

人によっては、ボールペンの名入れをダサいと感じることがあります。

 

例えば、名入れのボールペンをプレゼントされて「恥ずかしい」と感じる人は、ダサいと感じるかもしれません。

 

また、名入れで使用する字体によってもダサいと感じることもあります。

 

文字が「漢字」や「ひらがな」などの場合はダサいかもしれません。

ローマ字・筆記体であれば、そこまでダサいと感じる人はいないでしょう。

 

名入れの文字の雰囲気とボールペンの質感がチグハグな場合も、ダサいと感じる原因になるので注意してください。

 

ボールペンの名入れはするしないはどっちにすべき?

結局ボールペンの名入れはするしないは、どっちにすべきなのでしょうか?

結論からいうと、相手によります。

 

基本的にボールペンに名入れをすると喜ばれるので、可能であれば名入れをしたほうが良いです。

 

ですが、中には困ったりダサいと感じる人もいます。

 

重要なのは相手との関係性や相手の好み、相手とどこまで親しい関係なのかを考えることです。

 

  • 「相手の年齢は?」
  • 「相手の職業は?」
  • 「相手はよくボールペンをつかうのか?」
  • 「相手の好みは?」

など、できるだけ具体的に考えてみましょう。

 

そういったことを考慮した結果名入れをするのであれば、きっと相手も喜んでくれます。

 

まとめ

プレゼントを贈る際は、相手についてよく考え、自分にとってどんな人物なのかを考えることがポイントです。

思いがこもっていれば、多少変わったものをプレゼントしても喜んでくれるはず。

 

そして、そんな相手がいるということに感謝して、いつまでも良い関係を続けていけたら最高ですね。

 

この記事が、あなたの人生をより良いものにするための、ひとつの参考になれば幸いです。