生活

カビキラーの捨て方!中身と容器それぞれ安全に捨てるためには?

お掃除で大活躍のカビキラー

効き目が抜群な分、少しの量で足りてしまい、すべて使いきれないという方も多いと思います。

 

カビキラーは、中身と容器を別々にし、きちんと処理することで誰でも安全に捨てることができます。

塩素系は有毒ガスも心配なので、しっかり捨て方を押さえておきたいですよね。

 

今回は、カビキラーの正しい捨て方についてご紹介していきます!

 

カビキラーの捨て方!中身は水道に流してよい?


カビキラーを捨てるときは、紙や布に染み込ませて燃えるゴミの日に廃棄するか、排水溝に流すかのどちらかの方法で捨てることができます。

どちらの方法も結構簡単に捨てることができるので、面倒に思っている人は必見!

それぞれの捨て方を紹介します!

 

水道に流してもOK!

カビキラーを捨てる際は、排水溝に流してしまって大丈夫です

なんとなく気が引けてしまいますが、もともとお掃除でカビキラーを使う際も、最後に水を流しますので、問題ありません。

一番簡単でおススメの方法です。

 

しかし、薄めないで原液の状態で流してしまうと、排水溝を傷めてしまうので注意。

バケツや風呂桶に中身を出して水を足し、薄めてから排水溝に流して捨ててくださいね

 

紙や布に染み込ませる!

大丈夫だと分かっていても、やっぱりそのまま排水溝に捨ててしまうのが不安…。

という方には、紙や布などに染み込ませて、燃えるごみとして捨てる方法がおすすめ。

 

ビニール袋に、いらない新聞紙や布をしきつめて、そこに少しずつ中身を出し、染み込ませます。

中身を全部染み込ませることができたら、そのままビニール袋の口を締め、可燃ごみの日に出せばOK!

作業中はしっかり換気をしてください。

手にかかってしまうと危ないので、ゴム手袋などを必ず着用してくださいね。

 

カビキラーの捨て方!容器はどう分別して捨てる?


カビキラーの容器はプラごみや不燃ごみとして捨てることができます

自治体のルールに従った捨て方で、適切に処分しましょう。

 

液体をごみとして捨てることはできないので、必ず中身はすべて出しましょう。

また、塩素系であるカビキラーは人にとって有害なガスが発生したり、残った液が飛び散って事故につながる可能性があります

水で軽くゆすぎ、乾かしてから捨ててくださいね。

 

カビキラーを捨てる際の注意点!


カビキラーを捨てる際、有毒なガスが発生しないように注意する必要があります

カビキラーは「塩素系漂白剤」といわれるものの一種で、キッチンハイターなどと同じ、「次亜塩素酸ナトリウム」を多く含む商品です。

 

塩素系漂白剤の大敵は「酸」

サンポールなどの酸性の洗剤はもちろん、生ごみで出やすいお酢やレモンなどにかかったりすると、化学反応を起こしてしまう危険があります

特に可燃ごみとして捨てる際は、カビキラーのごみだけ別で捨てるなど工夫をして、酸性のものと混ざってしまわないようにしましょう。

 

なにかの間違いで酸と混ざってしまうと、有毒なガスが発生し、重大な事故になりかねません。

便利で効果的な分、危険なものであるという意識も忘れずに、細心の注意を払って廃棄するようにしてくださいね。

 

カビキラーをそのまま捨てるのは大丈夫?


カビキラーをそのまま捨てるのは絶対NGです!

 

多くの自治体では、液体を捨ててはいけないルールになっています

また、ルール違反なだけでなく、原液のまま他のごみと一緒に捨てると、液漏れなどから有毒なガスが発生し、事故が引き起こされる可能性があります。

危険なものですので、必ず中身とパッケージは分けて捨てるようにしましょう

 

まとめ

最初に使ってから時間が経ってしまったカビキラーは、お掃除の効果も激減してしまっています。

もしいらなくなったカビキラーがあれば、薄めて水に流すか、紙か布に染み込ませるなどして捨てることが可能です。

有害なガスの発生などには十分注意して、安全に捨てるようにしてくださいね。