食べ物

おからパウダーはまずい?美味しく食べる方法やオススメの使い方!

スポンサーリンク

健康で栄養満点な食事のために、おからパウダーを使う人もいらっしゃると思います。

 

ですが、実際に使ってみると、想像よりもあまり美味しくなかったり、「粉っぽいな⁉︎」と感じることもありますよね。

 

そんなおからパウダーですが、粉の粗さを選んだり、使う料理をしっかりと考えることで、美味しく食べられるんですよ。

 

そこで、「おからパウダーはまずい?」ということについて、その理由や食べ方を調べてみました。

美味しく食べる方法やオススメの使い方も併せて紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

おからを使って、健康で美味しく料理をアレンジしてみましょう。

 

おからパウダーはまずい?その理由とは!

「おから」とは、豆腐を作る際にできる、豆乳の搾りかすのこと。

大豆の栄養素や食物繊維が豊富で、健康に良い食品です。

 

おからパウダーは、そんなお空を乾燥させ粉末状にしたものなんですが、味がいまいちという声をよく聞きます。

 

その理由は、パサパサしたその粉っぽさ。

 

粉末状にしているので粉っぽいのは仕方がない・・・

 

実は、同じおからパウダーでも、粉の粗いものと細かいものがあり、粉っぽさを感じるのは粉の粗い方です。

粗いものを飲み物やスープに入れると、溶け切らずに粉が残ってしまいます。

 

あまり美味しく感じられないですね。

 

スポンサーリンク

おからパウダーをそのまま食べるのはあり?

おからパウダーは、おからをそのまま粉末状にしたものなので、そのまま食べられます。

 

例えば次の通り。

  • サラダにそのまま振りかけて食べる。
  • 惣菜に振りかけて食べる
  • などなど

 

そもそもはおからを乾燥させて粉末状にしたものなので、水を加えるとおからに戻ります。

おからとして使うと考えれば、そのまま食べられるのも納得ですね。

 

おからパウダーが粉っぽい時の対処法は?

おからパウダーが粉っぽい時の対処法は次の通り。

  • 使用する量を少なめにする
  • おからパウダーを一度ふるいにかける
  • おからとして食べる

 

それぞれ詳しくご説明します。

 

使用する量を少なめにする

使用する量を少なくすることで、粉っぽさを抑えることができます。

 

目安は小さじ1杯程度。

それでも粉っぽい場合は、もう少し減らすとだいぶ粉っぽさはなくなりますよ。

 

おからパウダーを一度ふるいにかける

ふるいにかけて粉の粗さをなくすことで、粉っぽさを抑えることができます。

 

粉が細かくなれば、喉に引っ掛かるような粉っぽさがなくなりますし、飲み物などの液体に溶けやすくなります。

 

おからとして食べる

水でおからに戻して、おからとして食べるのも方法のひとつです。

 

粉っぽいなら、粉っぽいものとして食べてみるという発想ですね。

 

おからパウダーは、おからを乾燥させて粉末状にしたものなので、水を加えるとおからに戻ります。

水で戻して、あえておからとして食べるのもありですね。

 

スポンサーリンク

おからパウダーを美味しく食べる方法やオススメの使い方

おからパウダーを美味しく食べる方法や、オススメの使い方を紹介いたします。

 

おからパウダーの中にも粉末の細かいものや粗いものがありますので、それによって使い分けるとうまくいきますよ。

 

粒の細かいおからパウダー

細かいと、液体に溶けやすいので、飲み物やスープなどに入れると良いです

 

 

オススメの使い方は次の通り。

  • コーヒーやジュースなどの飲み物に溶かす
  • ヨーグルトに入れる
  • スープに入れる
  • などなど

 

粒の粗いおからパウダー

食べ応えがあるので、水で戻しておからとして食べたり、小麦粉などの代わりに使うと良いです。

 

 

オススメ使い方は次の通り。

  • 卯の花
  • ハンバーグのつなぎ
  • お好み焼きの小麦粉の代わり
  • カレーのとろみつけ
  • などなど

 

まとめ

現代人の食生活では、なかなか必要な栄養素を取ることが難しいですね。

 

おからパウダーをうまく使うことで、美味しく手軽に不足した栄養素を補うことができます。

そうすれば、健康で気持ちの良い毎日を送ることができますね。

 

そのための参考にしていただければ幸いです。