生活

接着芯の代用!種類と目的別の選び方や使い分けについて解説!

ハンドメイドをする時などで使うことの多い接着芯ですが、何かで代用できないかと考えた方は結構いらっしゃるんじゃないかと思います。

接着芯は服やカバンなど、強度を高めたり表からの見た目をととのえたり、厚みの調整をしたりするときに使われます。

 

販売する商品などしっかりとしたクオリティが求められるものには、ちゃんとした接着芯を使う方が良いでしょう。

ですが、そこまでクオリティを求めなくても良いものや、急に手元にあるものだけで対応しなければならない時などは、家にあるものを代用品を接着芯として使う場合もあります。

接着芯の代用は、その使用するものや場面にもよりますが、基本的にはあまりやらない方が良いです。

それでも代用品で何とかしたい時、接着芯の代用としてどのようなものが使えるのでしょうか?

 

接着芯の種類や使用場面なども合わせて紹介していきましょう。

 

接着芯の代用!目的別の考え方とは?

接着芯の代用として使われるものには、主にフェルトや布があり、それぞれ特性が違いますので、それぞれ紹介していきましょう。

 

接着芯の代用:フェルト

フェルトは比較的生地がしっかりしているので、キルト芯の代用として接着芯に使うことができます。

 

キルト芯が使われているものといえば、例えばカバンやポーチ・ブローチの飾りなどですね。

キルト芯が使われている物は、しっかりとした形を出したりふっくらした状態を保たないといけませんので、接着芯の代用として使うならフェルトが一番おすすめです。

 

他にも帽子の接着芯の代用として使うと、型崩れしにくい帽子に仕上げることができます。

 

接着芯の代用:布

布は接着芯の代用として汎用性に優れていて、急いでいるけれども接着芯が手元にないときや、とにかく手元にあるもので済ませたい時などにも、代用品としてよく使われます。

 

布には厚手のものから薄手のものまで様々ありますが、しなやかで洗濯に強いところが共通した特徴です。

その特徴を生かし、服の接着芯の代用として使われる他、トートバックのように型崩れを気にしないカバンにも接着芯の代用として使うことができます。

 

また、布には伸縮性があまり無いものもありますので、シャツの襟元や袖・ズボンの裾やウエストなど、あまり伸びて欲しく無いところに使用することもできますね。

 

接着芯の種類とは?

接着芯の種類は、素材や製法によって概ね次のような種類に分けることができます。

 

布製

織ってある通常の布です。

接着芯の厚みによって使われる場面が異なり、薄いタイプは素材のしなやかさを活かしたい場合に使われ、厚手のタイプはしっかりと張りを出したい場合に使われます。

 

不織布

文字通り繊維を織ることなく、絡めることによって作られている布です。

かなり安価に作られていて手に入れやすく、接着芯の素材としては広く一般的使われています。

 

一番の特徴は洗濯した際、シワになりやすいこと。

服などの洗濯する頻度の高いものには使わない方が良いですね。

 

編み布

繊維が織られている通常の布と違い、繊維を編むことで作られている布のことです。

織られている布や不織布と違い、編まれていることから伸縮性にとても優れています

伸び縮みすることが想定されるものに接着芯として使用することができますね。

 

キルト芯

いわゆる中綿の生地のことで、かなりの厚みがあるのが特徴です。

厚みがあるので、キルト芯は合わせる生地を選ぶ素材です。

しっかり形を出して、崩れにくいように補強するために使うようになります。

 

接着芯の使い分けの方法を紹介!

接着芯の使い分けの方法は、結論から言うと明確に分けられていません

 

使う人の好みによることもありますが、きちんと接着芯の素材の特徴やメリットを理解した上で使うことが大切です。

接着芯の使用を考えているものはどのような用途のものなのか?接着芯を使うことでどのような効果を狙っているのかを意識して使い分けることをおすすめします。

 

小物

髪飾りやアクセサリー、接着芯を使う場合、特に洗濯をすることもないですし、厚みを出すようなことも必要ないので、不織布の接着芯がおすすめです。

 

バック

持ち手や底部分など、しっかりとした強度が求められるカバンには、厚みと強度を出すことができるキルト素材の接着芯がおすすめです。

強度は出したいけれども厚みはあまり出したくない場合は、不織布の接着芯もおすすめです。

ですが不織布の接着芯は、洗濯にあまり向かないので注意が必要です。

 

服は、体に合わせて動くしなやかさが求められるのと同時に、ほぼ毎日洗濯します。

この場合は薄手の布素材の接着芯を使う方が良いでしょう。

 

服のしなやかさを損なわずに強度を出すことが可能です。

服の中にはニットなどの伸び縮みする服もありますが、編み布の接着芯を使うと服の伸縮性を損なうことがないのでおすすめです。

 

まとめ

接着芯を使う場面は、服やカバンを作る時や修理する時などハンドメイドをする時がほとんどだと思います。

 

接着芯を代用するかどうかや、どのような種類の接着芯を使用するかは、接着芯を使用するものが自分にとってどのような位置付けなのかを考えると判断しやすいですね。

 

この記事が今後のハンドメイドの参考になれば幸いです。