生活

出産祝いで名前書くとこない場合どうする?中袋なしの時の名前や金額は?

今では、100円ショップでも可愛い柄の出産祝い袋が手に入ります。

ですが、いざ買ってから「あら?名前書く所がない。どこに書けばいいだろう」と焦る事もしばしばですよね。

 

でも大丈夫!「出産祝い」と書いてある下に書いたり、そもそも書くスペースが無いなら中袋に書いても大丈夫ですよ。

 

ここからは、買ってから気づいた名前を書くとこない場合の解決方法と中袋が無かった場合など、どう対処すべきかご紹介していきます。

 

出産祝い袋に名前書くとこない場合どうする?

出産祝い袋に名前書くとこない場合は、表面の「出産祝い」と書かれている下に名前を書けば大丈夫です。

 

ただ、今は可愛い柄の袋も多くあって、袋に全面に柄があるなんて事もありますよね。

そんな時は、中にお金を入れる袋があるので中袋に名前を書けばOKです。

 

少しでもスペースがあるなら、外袋の表側に名前を書いてくださいね。

 

出産祝い袋の名前の書き方を解説!連名の場合は?

さっそく、出産祝い袋の名前の書き方について解説していきます。

 

のし袋に名前を書くときにもマナーがあります。

「縦書き」「毛筆を使う」の2点です。

 

出産祝い袋も同じく、名前は縦書きで毛筆を使ってフルネームで書いてください。

 

出産祝い袋の名前の書き方

出産祝い・お祝いなどの文字が袋の上半分に書かれていて、半分から下が名前を書くスペースになっています。

 

水引が付いている袋を使用する場合は、水引に名前が掛からないよう注意して名前をフルネームで書いてください。

「出産祝い」など書かれている真下に名前を書きましょう。

 

書くスペースが横などにズレそうなデザインの袋を使用する場合、無理に名前は書かないようにしましょう。

 

連名の場合の書き方

2人以上の連名となると、様々な書き方があります。

 

4人以上で、同じ職場の社員や友人同士で出産祝いを渡す場合、「〇〇一同」又は「代表者の名前と外一同」と書くのがマナーです。

また、4人以上の連名でお祝いを渡す場合は、中に一人一人の名前をフルネームで書いた紙を入れます。

「〇〇一同」では、誰と誰からもらったのか、もらった側が分からないので、お金を包んだ全員の名前を忘れないように書いて渡して下さい。

 

3人なら、袋の表側に3人のフルネームを書きます。

この時の注意点は、目上の人から書く事と、友人同士の場合でも五十音順に名前を書くことがマナーです。

 

カップルや夫婦の場合は、袋の表に2人の名前を書きます。

ただし、夫婦の場合は、夫の名前をフルネームで先に書き、妻は下の名前だけ書くのが正しいマナーとなっています。

 

出産祝いで中袋なしの時の金額の書き方は?

簡易袋の場合、中袋なしで袋がそのまんま出産祝い袋なんてこともありますよね。

そんな時は、袋の裏面に金額を書いてしまっても大丈夫です。

袋の裏面に金額を書く欄があれば、そこに金額を書きますが、何も書く欄が無い場合は、左下に金額を書いてください。

 

縦書きで「金〇萬円」「金〇千円」と書くのが正しいマナーです。

〇の部分に書く金額は漢数字を使用します。

一万円なら「壱萬円」と記入しましょう。

 

出産祝いの封筒ののりづけは必要?

出産祝いを渡す時の封筒ののりづけは必要か?は、封筒がどんな形状になっているかで必要な場合もあります。

 

中袋付の袋なら、お金を入れた封筒にのりづけは必要ありません

封筒の上から、ご祝儀袋でしっかりと包む為、中のお金が飛び出る心配がないのでのりづけは不要です。

 

ですが、簡易タイプの封筒の場合、のりづけしないとお金が飛び出てくる可能性もあるので、のりづけして渡しましょう。

この時、ベタベタにのりを付けるのではなく、開封しやすいように薄くのりづけするようにしましょう。

開ける際に袋がぐちゃぐちゃになってしまったり、お金がぐちゃぐちゃになるのを防ぐためです。

 

例外として、袋留めのシールが付いている袋もありますよね。

そんな時は、付属されていたシールを貼って渡しても問題ありません。

 

まとめ

今回は、出産祝いの名前の書き方、のりづけが必要か?など、頻繁にあるものでは無いために忘れてしまっていたり知らなかったりする疑問について解説していきました。

出産祝い袋の名前書きって、袋が柄付きのものだったりすると何処に書いていいものか悩んでしまいますよね。

 

袋の表面に書くスペースがあれば、そこにフルネームを書けば良いです。

 

また、3人以上の連名になると、友人同士か会社の人とかなど一緒にお祝いを出す人との関係で名前を書く順番が決まってます。

 

たかが名前であってもマナーがあるので、そこはしっかりと覚えておいてくださいね。